光ファイバー導入工事の流れ

光ファイバーには、集合住宅で6軒以上が利用する場合のマンションタイプと、1軒でも利用できる戸建タイプがあります。
料金が異なりますので、自分がどちらのタイプを利用できるのか確認しておきましょう。NTTやプロバイダーのホームページで、簡単に調べることができます。
また、申し込みの前に光回線開通可能エリアであることを確認しておくことを忘れずに。

マンションの場合

フレッツ光の導入工事が必要な場合は、お申し込みからご利用開始まで2~3週間程度必要です。

申し込み

まずはプロバイダーを選び、申し込みを。
NTTや家電量販店などでも申し込み可能ですが、オンラインでの申し込みが便利でお得です。申し込みのできる多くのサイトでは、割引や無料キャンペーンを行っていますので、要チェックです。

現地調査(お使いのアパート・マンションに光ファイバー回線が来ているか)

お住まいのアパート・マンションがすでに光ファイバーの導入済みならば、お申込み後すぐに宅内工事が行え、回線を開通することができます。
未導入の場合は、大家さんや管理組合の承認を得た後、建物の共有スペースに光ファイバーを引き込むための工事を行ないます。工事に立ち会う必要はありません。

宅内工事(機器のセットアップ)

光ファイバーを室内に引き込み、ONUという端末を設置するための配線工事を行ないます。室内のため立会いが必要ですが、1時間程度で済む工事です。
最後にご自身でパソコンと接続、設定をして完了です。設定が苦手な方は“セットアップサービス”などを利用すると便利です。

戸建ての場合

フレッツ光のお申し込みから、ご利用開始まで約1ヵ月程度必要です。

申し込み

マンションの場合と同様、オンラインでの申し込みが便利でお得です。

現地調査(ファイバーケーブルをどのように引き込むか)

賃貸住宅にお住まいの場合は、大家さんや管理会社の承認を得た後、開通工事を行ないます。事前にご自宅最寄りの電信柱まで、光ファイバーが敷設されているかどうか確認しますが、お近くまで光ファイバーが届いていない場合は、時間がかかることがあります。

宅内工事(電柱からファーバーケーブルを自宅内へ)

最寄りの電信柱から電話線の配管やエアコンの通気口を利用して、光ファイバーケーブルを室内に引き込みます。
その後はマンション同様、ONUに接続するための配線工事を行ないます。立会いが必要ですが、概ね1~2時間の工事です。

(機器のセットアップ)

ご自身でパソコンと接続、設定を行ったらご利用スタートです。

条件を指定して検索

STEP1 回線タイプの指定

回線タイプを指定する

プライバシーマーク

安心への取り組み 株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。