プロバイダーEX回線の種類でインターネットを選ぶ

インターネット回線別のおすすめポイント

インターネットを利用するには、インターネット回線の契約が必要です。
インターネット回線には、光ファイバー回線やADSL、高速モバイル通信(MVNO)など、様々なタイプの回線があり、複数の会社(回線事業者)が回線を提供しています。
回線によって通信速度や回線工事内容などが異なりますので、利用用途に合わせた回線選びが必要です。

回線選びのポイント

インターネット回線は、お住まいの地域によって利用できる回線が限られてきます。
ADSLは従来からあるサービスですので広範囲の地域で利用できますが、
光ファイバーはまだまだ未提供の地域が多数ありますし、集合住宅などの場合建物に設備がないと利用できない場合もあります。
また、高速モバイル通信については、携帯電話と同様電波で通信を行いますので、電波の届く地域でしか
利用できないという特性もあり、現在も提供エリアは順次拡大しておりますが、まだまだ首都圏向けのサービスと言えます。

こんな方にオススメ

光ファイバー

光ファイバーは速度が高速で安定している為、動画再生やオンラインゲームを楽しみたい方にオススメです。 また固定電話回線がなくても利用できる回線ですので、特に集合住宅などの場合は、ADSLよりも安く利用できる場合があります。 光ファイバーは、全国のインターネット利用者の約6割が利用している一番人気の回線ですので、光ファイバーが利用できる地域の方にはオススメです。

光ファイバーについて詳しく見る

ADSL

ADSLは既存の電話回線を利用して行うインターネットの総称です。
光ファイバーと比較すると速度はかなり劣るものの、既に固定電話回線を利用している方は、比較的安く利用できるといったメリットがあります。
光ファイバーが広まった現在では、契約数は下降傾向ですが、全国のインターネット利用者の約2割が利用しています。
光ファイバーとの大きな違いとして、NTT局舎からの距離が遠くなればなるほど、通信速度が遅くなってしまいますので、注意が必要です。
光ファイバーがまだ未提供の地域に方にオススメです。

ADSLについて詳しく見る

高速モバイル通信

高速モバイル通信(MVNO)は、ここ数年で急速に契約数が伸びている
今一番注目されているインターネット回線です。光ファイバーやADSLと異なり、

端末1台で電波の届く範囲であれば、自宅以外でもインターネットが利用でき、工事が不要であることが特徴です。 デメリットとしては、提供エリアが狭い事と電波を使った通信の為、通信が不安定であることが挙げられます。
外出先でもインターネットを利用する必要のある方にオススメです。

WiMAX(高速モバイル通信)について詳しく見る

プロバイダー料金プランの比較する

STEP1 回線タイプの指定

回線タイプを指定する

プライバシーマーク

安心への取り組み 株式会社じげんはプライバシーマークを取得しています。